Conférence : 27 novembre 2012, Shuhanron emaki, Maison franco-japonaise (Tokyo)

Intéressant les historiens de l’art, de la littérature, les spécialistes du protocole, de l’alimentation ou encore de la société médiévale japonaise, Shuhanron emaki (Rouleau illustré sur les mérites comparés du saké et du riz) conservé à la BnF a fait l’objet d’un travail de recherche pluridisciplinaire à Paris, depuis 2009, dont cette table ronde se propose de rendre compte.

SAKÉ et RIZ en représentation
Autour du Rouleau illustré sur les mérites comparés du saké et du riz
de la Bibliothèque nationale de France

Modérateur : Christophe MARQUET
(Bureau français de la MFJ)

Intervenants :
Véronique BÉRANGER (BnF)
Claire-Akiko BRISSET (univ. Paris-Diderot)
KOMINE Kazuaki (univ. Rikkyô)
ITÔ Nobuhiro (univ. de Nagoya)
Nicolas BAUMERT (univ. de Nagoya)

Organisateurs : Bureau français de la MFJ,
université de Nagoya The Graduate School
of Languages and Cultures.
Soutien : Bibliothèque nationale de
France, Société franco-japonaise des
bibliothécaires et des documentalistes.

フランス国立図書館が所蔵する『酒飯論絵巻』は、酒または飯の利を説く、17 または
18 世紀頃の模本とされる絵巻である。この絵巻には四段に渡って、宴会や調理などの風
景が描かれ、食やお茶と飲酒の論争を記している。2009 年からパリにおいて、美術史、
文学、儀礼史、食文化史、日本中世史など領域を超えた研究者の共同研究の対象となり、
今回、研究成果の報告会が開催されることとなった。

【司会】クリストフ・マルケ(日仏会館フランス事務所所長)

◉ フランス国立図書館蔵『酒飯論絵巻』の共同研究プロジェクト
― 紹介、総括と見通し
ヴェロニック・ベランジェ(フランス国立図書館)
クレール=碧子・ブリッセ(パリ・ディドロ大学)
◉ 『酒飯論絵巻』を読む― イメージとテクストのはざま
小峯和明(立教大学)
◉ 描かれる食の風景― イメージとその現実
伊藤信博(名古屋大学)
◉ 京都の酒から下り酒まで
― 室町時代から江戸時代における日本酒生産地域の移動
ニコラ・ボーメール(名古屋大学)

【主催】日仏会館フランス事務所、名古屋大学大学院国際言語文化研究科
【後援】フランス国立図書館、日仏図書館情報学会
【参加申し込み】
日仏会館フランス事務所:contact@mfj.gr.jp


Vous aimerez aussi...