Bibliographie : codicologie et histoire de l’art

ENDÔ Akane 遠藤あかねet al., 「美術鑑賞としての模写について : 随身庭騎絵巻(ずいしんていきえまき)現状模写を通して(研究活動助成制度に基づく論文・発表・制作), 創大教育研究 17, 93-105, 2008-03
Article téléchargeable sur CiNii

HIRAYAMA Yoshiharu 平山吉晴, 「狩野派の粉本教育」, 育英工業高等専門学校研究紀要, vol. 22, 1996

ITÔ Tetsuya 伊藤鉄也, 「伝『探幽筆三拾六哥仙』の画像データベース化と原本復元」, 人文料学とコピューター 20-7 (1993.11.26)

KAMEI Shin 亀井森, 「絵巻はなぜ模写されたのか国学者長沢伴雄の『春日権現験記』模写」, 文献探究 46, 22-35, 2008-03-31

KAWAZOE Fusae 河添房江, 「復元模写から読み解く「源氏物語絵巻」と『源氏物語』「夕霧」「御法」「東屋(2)」を中心に」, 国語と国文学, 国語と国文学 83(6), 1-14, 2006-06

KAWAZOE Fusae 河添房江, 「王朝の襲絵巻の復元模写から読み解く『源氏物語』 (特集:色の文芸史隠されたメッセージ) — (ことばの色・文学の色), 國文學, 國文學 51(2), 13-21, 2006-02

MASHIMA Yumiko 間島由美子, 「国立国会図書館所蔵『義経奥州下り』翻刻と解題」, 中京大学図書館学紀要 (31), 1-31,図巻末4p, 2010, 中京大学図書館

MIYASHITA Mariko宮下真理子 et al.,「東京芸術大学蔵『小野雪見御幸絵巻』模写用料紙の作製 : 絵画に適した中世の和紙再現の試み」, 東京藝術大学美術学部論叢 3, 5-34, 2007-03

MIYAZAKI Yasumitsu宮崎保光& 今泉良彦, 「源氏物語絵巻の復元模写を基にした伴大納言絵巻の復元とデータベース」, 愛知工科大学紀要, 愛知工科大学紀要7, 39-47, 2009

OODA Takahiko 太田考彦, 「画譜による絵画の学び–橘守国と大岡春卜の画譜を中心として」, 美術フォーラム 21, vol. 12, 2005.

SATÔ Yasuhiro, « Les peintres de Kyôto au XVIIIe siècle ou la peinture à l’époque de sa reproductibilité technique », dans Atsushi Miura (dir.), Génétique de la peinture. Actes du colloque international, The University of Tokyo Center for Philosophy, Booklet 16, 2010, p. 25-46.
Article téléchargeable sur le site de l’université de Tôkyô

SHIMOHARA Miho下原美保, 「江戸時代初期における王朝文化復興と住吉派興隆との関係について : 後水尾院と住吉如慶を中心に」, 鹿児島大学教育学部研究紀要. 人文・社会科学編 58, 25-37, 2007-03-29

TAKANASHI Junji 高梨純次, 「模写の変貌–模写·近代を視点に」, 美術フォーラム 21, vol. 12, 2005

TAKEDA Tsuneo 武田恒夫, 「粉本をめぐる諸問題」, 大手前女子大学論集, vol. 29, décembre 1995

UENO Kaori 植野かおり, 「平戸松浦家伝来『江戸火事場之真態』狩野派による火事絵巻の模写 (平戸・松浦家の絵画特輯), 大和文華 (107108), 19-31, 図巻頭1p, 2003-03

YAMAMOTO Yôko 山本陽子,「『承安五節絵』の似絵性について : 住吉内記系の模本による」, 跡見学園女子大学紀要 35, 95-117, 2002-03-15
Article téléchargeable sur CiNii

YASUDA Atsuo 安田篤生, 「模写と粉本」, 美術フォーラム 21, vol. 12, 2005.